アメリカンクラシックの繊細で精巧なスタイルに長時間燃焼技術を搭載

炎を思わせるような放射状に伸びたガラス前面の模様と全体を取り巻くディテール。すばらしい技量と贅沢に使用した鋳鉄が形となり、リビングに溶け込みプレミアムな空間を生み出します。
ガラス面には、すべてのものを包み込んでしまいそうな炎があかあかと燃え、美しいシチュエーションを見せてくれます。最大暖房面積334㎡の室内を暖めることができ、様々なオプションを装備することで、ストーブのスタイルを変化させ、ストーブ料理を楽しむことができます。

繊細で精巧なスタイル

関連画像

放射状に伸びたガラス前面の模様と全体を取り巻くディテールが、リビングをプレミアムな空間に。

ストーブ料理を楽しむ

ストーブ料理を楽しむ

火室内や天板でのお料理はもちろん、トップローディングを開いてクッキンググリルをセットすれば、炭火焼き感覚で焼き魚や焼き鳥、ステーキまで調理できます。

パワフルな暖房能力

パワフルな暖房能力

最大334㎡の室内を暖めることができる頼もしい一台。

高い耐久性

高い耐久性

高温になる部分に切り込みを入れて熱を逃がすなど、長年のノウハウが随所に反映された高い耐久性。

メンテナンス性の良さ

メンテナンス性の良さ

パーツ同士のつなぎ目にガスケットロープを使用し、メンテナンス性を高めています。

HMW0249

シンプルで扱いやすい 非触媒方式「ファイアドーム燃焼」

独自開発の技術で長時間燃焼を実現

ファイアドームテクノロジーは、薪の燃焼に必要な空気をコントロールすることで、熱の出力温度を一定に保ち、持続した暖かさを長時間にわたり放出します。一次燃焼用の空気は、前面下部の空気口から入り、サイドを通りながら上昇しガラス面に降りかかるように空気を送り込みます。この空気量は、エアコントロールレバーで調節が可能です。二次燃焼用の空気は火室内の背面から降り注ぐように入り、未燃焼ガスを燃焼します。煙はストーブ後部にある二次燃焼室に吸い込まれ、さらに空気が入り未燃焼ガスを燃焼させ、クリーンな煙として排出します。

製品の特徴

ファイアドームテクノロジー
2つの燃焼サイクルで薪と煙を燃焼させ、最大17時間の燃焼時間を実現した技術です。

バイパスダンパー
バイパスダンパーを開けることで、火室内と煙突が直結して着火時の燃焼が安定します。燃焼が安定し、ダンパーを閉じることで煙がファイアドームに流れ、長時間燃焼を可能にします。

トップローディング
天板からでも薪の追加ができます。灰がこぼれ出ず、屈むことなく立ったままの状態で薪を追加できるので、足腰への負担が軽減します。

エアコントロールレバー
一次燃焼用の空気量を調整して、火力の大きさを変化させることができます。細かいメモリがマークされており、思い通りの微細なコントロールができます。

大型灰受皿
灰受皿は独立した小部屋に収納され、グレートを通して灰が溜まります。大型の灰受皿のため、灰を捨てる頻度も少なくなります。取手が付いているので持ち運びも簡単です。

アンダイアン
薪が前面に倒れるのを押さえます。取り外しが可能で、掃除がしやすくなっています。

グレート
余分な灰が自然に、下にある灰受皿へ落ちます。

ボトムヒートシールド
床面の温度上昇を抑え、前方に対流熱を発生させます。

リアヒートシールド(オプション)
背面の温度上昇を抑え、対流熱を発生させます。

外気導入接続アダプター(オプション)
室外から直接、燃焼用の空気をストーブに取り込みます。高気密住宅でも安心して薪ストーブを使用できます。

ウォーミングシェルフ(オプション)
ストーブの印象を大きく変え、存在感が増します。イメージだけではなく機能性も高く、ストーブ料理などで重宝されます。

クッキンググリル
トップローディングを開き、その下にセットします。家にいながら簡単に本格炭火焼き料理が味わえ、薪ストーブの楽しみがさら広がります。

製品仕様
品番HMW0249
燃焼方式ファイアドーム
最大熱出力13,000kcal/h 15.1kW
最大熱出力 EN基準
最大暖房面積334㎡ (約202畳)
燃焼効率74.1%
最大燃焼時間17h
排気煙量2.3g/h
最大薪長さ53cm
サイズW738×D674×H724mm
本体重量213kg
接続煙突径152mm
煙突接続方向
外気導入キット対応(別売)
外気導入接続アダプター対応(別売)
リアヒートシールド対応(別売)
クッキンググリル標準装備
ウォーミングシェルフ対応(別売)
ファンキット非対応
価格(税別)480,000円
補足資料

商品についてのお問い合わせ、設置施工のご相談は

フリーダイヤル 0120-414-724 までお電話いただくか、
以下のフォームをご利用ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文